借入

いろんなシチュエーションで借入する方法。

投稿日:

カードローンを利用して借入する際のポイント

使用用途が自由な事や即日融資が可能など、利用者が増加しているカードローン。利用を検討されている方は候補のひとつとして覚えておく事をおすすめします。そこで、今回はカードローンを利用する際のポイントについてご紹介したいと思います。

金融機関の選定について

大手銀行や地銀、消費者金融など様々な金融機関から展開されています。借入先の選び方としては、まずは金利が低いこと、少額で申込み可能なこと、店舗ATMや無人契約機など便利な返済手続き方法が多い事などです。又、申し込み手続きが簡単なものかどうかも大切です。急に出る出費に対応する為にも、書類や手続き、審査に時間が掛かってしまっては利用するメリットがありません。

金利を比べる時のポイント

金利については、一般的に消費者金融が高く、銀行では低くなっています。ただし、大々的に掲載してある金利はあくまで下限金利であるという事です。これは借入額など条件によって大きく異なる為、一概に判断しないようにしましょう。なお、金利についてはお金を借りた場合にかかる金利以外に手数料なども加えられ実質年率が表記される事になっています。ただし、毎月発生する利息については計算する必要があるため、融資前にはシミュレーションをする事で、無理のない返済計画を立る事がとても大切になります。

急な出費にも安心、手術などにかかる医療費にも使えるカードローンの借入とは?

もしもの時の備えを皆さんは十分にされているでしょうか?結婚式やお葬式が多くなると急な出費も多くなります。また、突然倒れてしまって手術になった時に支払う医療費の準備はあるでしょうか?そのもしもの時のためにカードローンを準備しておけば必要な時に借入を行なってその場を切り抜けられるかもしれません。今回オススメするカードローンは「アコムのカードローン」です。コマーシャルで知っている方も多いのではないかと思います。ここでは初めての人には30日間の無利息期間が付いているので給料日までの繋ぎとしても使いやすいのではないでしょうか?

ただ、高額な医療費を借入しようとしている人には次のような制度もあります。高額な医療費は健康保険高額療養費支給申請書というものを提出して受理されると一定額を超える分の治療費が返還されるという仕組みがありますが、それが受理されるまでに時間がかかるためその間にかかってくる治療費などの金銭的不安を取り除くために返還される金額を無利子で貸与してもらえる制度が医療費貸付制度というものになります。こちらの制度などを使いながら安心して治療に取り組めたらと思います。詳しくは全国健康保険協会のホームページをご参考下さい。

生活費が足りない時に借入を考える

生活をしていく時に借入をしておかないと、生活できるほどの金額が無いこともあります。こうした時にどのようなローンを利用すればいいのか考えたいところですが、そこまで多くの金額が必要ではないことを頭に入れてください。手軽に借りられるところを利用したほうが借入自体の難易度も下がりますので、生活費のためなら消費者金融を利用してください。

消費者金融自体は、非常に高い利用限度額にも設定していますが、その日のうちに借りられますし、小さい金額に設定することが自分で可能です。申し込みをする金額によっては、証明などの提出が少しだけ減るようになり、審査のスピードを上昇させることができます。

生活費の場合はすぐにでも借りたいと感じることが多くなってしまいます。そのすぐに借りたいと思えるようにしてくれるところが消費者金融であり、手軽に利用できるようなイメージが強くあります。ネットから申し込み、手続きが終われば自動契約機でカードを発行することで、すぐに借りることもできます。

債務整理後はデメリットになる事があるので借入の仕方には注意が必要

消費者金融は審査が即日回答になっているので申し込みをした日に借入する事が出来ます。お金に困っていて今すぐ借りたいという人には大きなメリットになります。しかし消費者金融は金利が高く設定されているので借入の仕方には注意しなければいけません。

消費者金融は上限金利が18%に設定されていて通常の状態で借入をしてしまうと初回から18%の金利が発生して利息が加算されていきます。少額の借入で早めに返済してしまえばそれほど影響ありませんが、多額の借入をしてしまったり返済期間が長引いてしまうと加算される利息も多くなるので返済する時に負担がかかってしまいます。場合によっては返済が困難になり債務整理をしなければいけなくなってしまう事もあるので注意が必要です。債務整理後に信用情報機関に履歴が残ってしまうので今後消費者金融で借入する時に審査が不利になってしまいます。また債務整理後に信用情報機関の履歴に残る事でクレジットカードを作る時やローンを組む時も影響してきてしまうので注意が必要です。

キャッシング、カードローンを無担保で借入する

消費者金融でキャッシングや銀行においてカードローンを初めてする際に、事前に知っておくことで審査前に何を準備すればいいのか、そして審査を受けている間も安心して待つことができます。キャッシングにおいては消費者金融として世間は認知され、無担保で融資を受けることもできます。キャッシングにおいての利点としてはスピーディーな対応、初めての方であれば、30日間無利息キャンペーンを受けることができます。そして銀行のカードローンは融資額の大きさが利点と言えます。

どちらも無担保でお申し込みすることができます。まず借入の前の審査の前の段階に手大手消費者金融においては事前チェックできるためにサイト上に「3秒診断」と言うコーナーを設けているいるところもあります。必要項目を入力した上で診断結果をすぐ受け取ることができます。そして申し込みをする際に24時間365日、パソコンやスマホ、電話から申し込むことができ、お申し込み内容を消費者金融側からメールかお電話でいただくことができます。本人提出書類においては身分証明書や源泉徴収票など収入証明書をコピーで渡し、審査の結果を受けて、融資額もわかり、借入ができるようになります。

-借入

Copyright© お金に関する雑記 , 2017 AllRights Reserved.